2010年 01月 15日
古本らしい古本
今日は仕事を早々に切り上げて、「二冊四〇〇円セール」継続中のブックオフ(三軒)へ。が、結局一冊も買えなかった。しかし、そのあと行った文圃閣がよかった。

・椋鳩十 『山の太郎熊』 (小学館文庫)
・稲垣足穂 『南方熊楠児談義』 (河出文庫)
・松下竜一 『汝を子に迎えん』 (河出書房新社)
・巌谷大四 『文壇紳士録』 (文藝春秋)
・吉田絃二郎 『わが文学と生活』 (昭和二四年、第二書房)
・『ゴオゴリ全集(4) 短篇小説集』 (函付、昭和九年、ナウカ社)

しめて六八〇円也。吉田絃二郎の本は、「第二書房」という名前が気になって買った。家に帰ってきてから思い出したのだが、数日前に林哲夫さんのブログで紹介されていたのを読み、その名前が頭の片隅に残っていたのだった。ちなみに、「日本の古本屋」で検索してみると、第一書房版は数冊あるが、第二書房版はなかった。それほど珍しい本ではないはずだが。

で、『ゴオゴリ全集(4)』である。全集ということで六冊出たらしい。これはその一冊である(こちらに詳細あり)。函表紙に強い擦れと破れが見られるが、背革平布装の本体はしっかりしており、文句なしの一冊である。右から書かれた「ナウカ社版」という印字を見ているだけでうっとりしてしまう。古本らしい古本を買うことができて、ブックオフに寄ったことも忘れて家に帰ってきた。
c0213681_2193187.jpg

[PR]

by anglophile | 2010-01-15 21:15 | 古本 | Comments(0)


<< 平凡な一日         「本を買う話」 >>