2009年 12月 28日
本の山、増量中!   
今年最後のブックオフ巡り。買ってきた本の山を眺めて、いったい私はどこへ行こうとしているのかと自分に問うてみるが、答えは見つからない。

・『yom yom vol.1~9』 (新潮社)

これまで『yom yom』にはほとんど注目してこなかったが、南陀楼綾繁さんが「小説検定」を連載していることを最近知り、興味を持ったばかりだった。実際に内容を見てみると、「小説検定」以外でも、「私の本棚」「人生の三冊」「イッキ読み」シリーズが興味を惹く。すべて一〇五円だったので、この機会にまとめて購入。残りのvol.10~12もそのうちどこかで出会えるはず。

・井伏鱒二 『屋根の上のサワン』 (角川文庫クラシックス)
・安岡章太郎 『なまけものの思想』 (角川文庫)
・町田康 『壊色』 (ハルキ文庫)
・富岡多恵子 『うき世かるた』 (集英社文庫)
・佐伯一麦 『川筋物語』 (朝日文庫)

・江戸川乱歩 『江戸川乱歩全集 第10巻 大暗室』 (光文社文庫)
・大西巨人 『深淵(上)(下)』 (同上)

・宮脇俊三 『途中下車の味』 (新潮文庫)
・堀江敏幸 『河岸忘日抄』 (同上)
・太田治子 『青春失恋記』 (同上)
・幸田文 『北愁』 (同上)

・小林信彦 『怪人オヨヨ大統領』 (ちくま文庫)
・佐野洋子 『友だちは無駄である』 (同上)

・庄野潤三 『絵合せ』 (講談社文庫)
・吉行淳之介 『石膏色と赤』 (同上)
・安岡章太郎 『走れトマホーク』 (同上)

・山本夏彦 『笑わぬでもなし』 (文春文庫)
・江國滋 『アメリカ阿呆旅行 わん・つう・すりー』 (同上)

・『ちくま日本文学全集 福永武彦』 (筑摩書房)
・『ちくま日本文学全集 中野重治』 (同上)

・『ジョン・レノン ラスト・インタビュー』 (池澤夏樹訳、中公文庫)
・色川武大 『いずれ我が身も』 (同上)
・野坂昭如 『戦争童話集』 (同上)
・真鍋博 『発想交差点』 (同上)

・金井美恵子 『あかるい部屋のなかで』 (福武文庫)
・水上勉 『地の乳房 (上)(下)』 (同上)

・堀江敏幸 『いつか王子駅で』 (新潮社)
・古井由吉 『楽天記』 (同上)
・古井由吉 『櫛の日』 (河出書房新社)

・チェーホフ 『カシタンカ・ねむい 他七篇』 (神西清訳、岩波文庫)
・里見弴 『今年竹 後篇』 (同上)
・『岩波文庫解説総目録 1927~1996 全3冊』 (同上)

『目録』は三冊なのに、なぜか一〇五円なのがうれしい。参照用に購入。『今年竹』は後篇だけなのが玉に瑕。チェーホフは昨年出たもので、訳者である神西清のチェーホフ論が二編収められているのでお買得である。

二冊で四〇〇円セールなどはやっていなかったので、文芸文庫は拾えなかったのが心残り。でもまあ、一〇五円でこれだけ買えれば十分である。
[PR]

by anglophile | 2009-12-28 16:20 | 古本県外遠征 | Comments(0)


<< What day is today?      『みんなの古本500冊 もっと』 >>