2009年 11月 19日
『庭を造る人』   
c0213681_18473414.jpg
室生犀星『庭を造る人』(改造社、一九二七年、装幀:岸田劉生)をヤフオクで落札。一六〇〇円也。ご覧のように状態は良くない。検印紙は剥ぎ取られており、函は背が丸ごと、そして底が一部欠損している。人によってはこれでも高いのかもしれないが、今の私にはこの函表紙の絵や文字をこの値段でずっと眺めていることができるということだけでもう十分である。

こちらは見返し。暖かみのある色遣いがすばらしい。この素朴な感じがたまらない。クレープ生地のようなシミまで絵の一部になっている、と言ったら大げさか。
c0213681_18425627.jpg
前にも書いたように、ウェッジ文庫版を買おうかと思っていたところに、これが綺羅星のごとく現れたのである。値段や状態を考えても、普通ならウェッジ文庫なのだろうけど、先日のスタンプラリーで訪れた犀星記念館で見た元版の分厚い感じが忘れられなかった。
c0213681_18322410.jpg
この重厚感、やはりわるくない。背の「室生犀/星著」にも妙を感じる。宝物がまたひとつふえた。
[PR]

by anglophile | 2009-11-19 19:10 | 古本 | Comments(0)


<< 「J.B.レノアの死」         『2666』の冒頭を訳してみる >>