2009年 11月 19日
『2666』の冒頭を訳してみる
私は洋書の購入をほとんど「アマゾン」に頼っている。ここ何年かの間に「クリックなか見!検索」機能が充実し、内容の一部(目次や冒頭の数頁)を読める書籍が増えてきたのは実にありがたいことである。現在読破中の『2666』もこの機能があったからこそ購入することにしたのだった。冒頭の数頁を読み、たちまちそこに引き込まれてしまった。これはぜったいに読まねばなるまいと思ったのは、それが本好きにはたまらない書き出しで始まっていたからである。以下、長々と引用してみよう。
The first time that Jean-Claude Pelletier read Benno von Archimboldi was Christmas 1980, in Paris, when he was nineteen years old and studying German literature. The book in question was D'Arsonval. The young Pelletier didn't realize at the time that the novel was part of trilogy (made up of the English-themed The Garden and the Polish-themed The Leather Mask, together with the clearly French-themed D'Arsonval), but this ignorance or lapse or bibliographical lacuna, attributable only to his extreme youth, did nothing to diminish the wonder and admiration that the novel stirred in him.

From that day on (or from the early morning hours when he concluded his maiden reading) he became an enthusiastic Archimboldian and set out on a quest to find more works by the author. This was no easy task. Getting hold of books by Benno von Archimboldi in the 1980s, even in Paris, was an effort not lacking in all kinds of difficulties. Almost no reference to Archimboldi could be found in the university's German department. Pelletier's professors had never heard of him. One said he thought he recognized the name. Ten minutes later, to Pelletier's outrage (and horror), he realized that the person his professor had in mind was the Italian painter, regarding whom he soon revealed himself to equally ignorant.

Pelletier wrote to the Hamburg publishing house that had published D'Arsonval and received no response. He also scoured the few German bookstores he could find in Paris. The name Archimboldi appeared in a dictionary of German literature and in a Belgian magazine devoted --- whether as a joke or seriously, he never knew --- to the literature of Prussia. In 1981, he made a trip to Bavaria with three friends from the German department, and there, in a little bookstore in Munich, on Voralmstrasse, he found two other books: the slim volume titled Mitzi's Treasure, less than one hundred pages long, and the aforementioned English novel, The Garden.

Reading these two novels only reinforced the opinion he'd already formed of Archimboldi. In 1983, at the age of twenty-two, he undertook the task of translating D'Arsonval. No one asked him to do it. At the time, there was no French publishing house interested in publishing the German author with the funny name. Essentially, Pelletier set out to translate the book because he liked it, and because he enjoyed the work, although it also occurred to him that he could submit translation, prefaced with a study of the Archimboldi oeuvre, as his thesis, and --- why not? --- as the foundation of his future dissertation.

He completed the final draft of the translation in 1984, and a Paris publishing house, after some inconclusive and contradictory readings, accepted it and published Archimboldi. Though the novel seemed destined from the start not to sell more than a thousand copies, the first printing of three thousand was exhausted after a couple of contradictory, positive, even effusive reviews, opening the door for the second, third, and fourth printings.

By then Pelletier had read fifteen books by the German writer, translated two others, and was regarded almost universally as the preeminent authority on Benno von Archimboldi across the length and breadth of France.
次に試訳をば。
ジャン・クロード・ペルティエがはじめてベノ・フォン・アルキンボウルディを読んだのは一九八〇年のクリスマス、パリにおいてだった。当時、彼は一九歳でドイツ文学を学んでいた。読んだ本というのは、フランスを題材にした『ダルソンバール』という小説で、これが三部作のうちの一冊(あとの二冊は、英国を題材にした『庭園』とポーランドを題材にした『革の仮面』)であることを若きペルティエは知るよしもなかった。作者とその著作に関してほとんど知識がなかったとはいえ、そのことによって彼がこの一冊の小説に対して感じた驚きと賛嘆を失うことは少しもなかった。

その日以降(すなわち、記念すべき第一冊目を読み終えたあの日の朝以降)、彼はアルキンボウルディの熱狂的読者となり、他の著作を蒐集する旅の第一歩を踏み出したのだった。しかし蒐集は困難をきわめた。一九八〇年代において、ベノ・フォン・アルキンボウルディの著作を手に入れる手がかりは、パリにおいてでさえ皆無であった。彼が通う大学のドイツ語学部にもアルキンボルディに関係する資料はほとんど見つからなかった。ペルティエの知る教授たちも誰一人としてその名前を聞いたことがなかった。あるとき、そのうちの一人がその名前に聞き覚えがあると言ったが、しばらくしてから、知っていると思っていた人物が実はイタリア人の画家であり、しかもその教授は結局その画家についてすらほとんど何も知らないことが分かり、彼はそのいい加減さに怒り(と恐怖)をおぼえたのだった。

そこでペルティエは『ダルソンバール』を出版したハンブルグの出版社に手紙を書いてみた。しかし返事はなかった。次に、パリにあるドイツ語専門の書店をいくつかまわってみたが、アルキンボウルディという人名は、ドイツ文学事典ともう一冊、冗談なのか本当なのかは分からなかったが、ベルギーで出版されたプロシア文学専門の文芸雑誌に出ていたにすぎなかった。一九八一年、彼は学部の友人三人とともにドイツのバイエルンを訪れる。そしてミュンヘンのヴォラルム通りにあった小さな書店で二冊の書物を見つけた。一冊は『ミッツィの宝物』という一〇〇頁に満たない薄い本で、もう一冊は先に挙げた英国を題材にした『庭園』という小説だった。

ペルティエはこの二冊を読み、アルキンボウルディ作品の素晴らしさを再認識する。一九八三年、二十二歳の時、彼は『ダルソンバール』の翻訳に着手した。誰かに依頼されたというわけではなかった。当時のフランスに、風変わりな名前を持ったドイツ人作家の本を出版しようと思う奇特な出版社があったはずはなかった。その翻訳は、基本的に彼の純粋な情熱に端を発したものであり、彼はその作業が楽しくてしかたがなかった。一方でまた、翻訳したものをアルキンボウルディ作品の研究とあわせて論文に仕上げ、いずれは博士論文への足がかりにできればという思いもあった。

一九八四年に彼は翻訳の最終稿を仕上げた。あるパリの出版社が、要領を得ない矛盾だらけの審査の後、最終的に原稿を受け取ってくれ、アルキンボウルディの小説のフランス語翻訳版が世に出ることになった。その翻訳小説は売れてもせいぜい千部ほどだろうと当初から考えられていたが、二、三の好意的な、あふれんばかりの賛辞さえ含んだ書評のおかげで初版三千部が完売し、結局は第四刷まで刷られることになった。

この頃までには、ペルティエはこのドイツ人作家の著作を一五冊読み、さらに二冊を翻訳し、その結果フランスにおけるベノ・フォン・アルキンボウルディ研究の第一人者としての地位をほぼ不動のものにしていた。
謎の作家アルキンボウルディの著作を探し求める青年ペルティエの姿と、古本屋の棚に目を走らせる自分の姿とが次第に重なっていく。両者の間にいかほどの違いもありはしないだろう。古本に魅了された人の多くも同じ姿を彼に見出すはずである。

◆牛歩的『2666』読破メーター:562頁
[PR]

by anglophile | 2009-11-19 02:10 | 読書 | Comments(0)


<< 『庭を造る人』         古本屋小説あれこれ    >>