2009年 10月 11日
古本ソムリエとの出会い   
11月号の『中央公論』に、古本ソムリエこと山本善行さんの「善行堂」開業に至るまでを綴った文章が載っている。私が「古本の道」に足を踏み入れるきっかけとなったのが、この山本さんの文章だった。あれは今からちょうど2年前。同じ『中央公論』(2007年10月号)に、京都の古本屋巡りを紹介する山本さんの記事が載った。一読し、その「道」に魅了された。そこから『関西赤貧古本道』『古本泣き笑い日記』と進み、そしてブログ「古本ソムリエの日記」に辿り着いたのだった。ブックオフで100円、200円にこだわることも山本さんから教わった(と勝手に思っている)。また、上林暁、尾崎一雄、小沼丹、野呂邦暢といった固有名詞を知ったのも山本さんの著作を通じてだった。

あのときは、10月の連休を利用して、矢も楯もたまらず京都に行ったのだった。『中央公論』片手に京都の街を歩き回り、充実した時間を過ごしたことが懐かしく思い出される。あのときの『中央公論』はところどころページがめくり上がったり、折れたりしているが、今も大切に取ってある。

去年、今年と「下鴨納涼古本まつり」にも参加した。今年は開店して間もない「善行堂」にも寄ろうと思ったのだが、タイミングが合わなくてそれがかなわなかった。『中央公論』にも店内を写した写真が載っている。清潔感あふれる店内である。いつか行ってみたいものだ。

中央公論 2009年 11月号 [雑誌]

中央公論新社

関西赤貧古本道 (新潮新書)

山本 善行 / 新潮社

スコア:


[PR]

by anglophile | 2009-10-11 22:48 | 古本 | Comments(0)


<< 『全集・現代文学の発見』      高橋源一郎からスーザン・ソンタグへ >>