2009年 10月 04日
今日も100円均一にて
今日はブックオフではなく、地元のスーパーにある100円均一に行く。ここはいわゆる「100円ショップ」なのだが、そこの一角に古本屋が文庫本中心に100円均一をやっている。たまに行くと、それなりに満足行く買い物ができる。今日買ったのは、以下の11冊。

・石川淳   『狂風記 (上)(下)』 (集英社文庫)
・大岡昇平 『靴の話 大岡昇平戦争小説集』 (同上)
・大岡昇平 『中原中也』 (講談社文芸文庫)
・梅崎春生 『桜島/日の果て/幻化』 (同上)
・開高健   『白いページ Ⅱ』 (角川文庫)
・泉鏡花   『婦系図』 (新潮文庫)
・野坂昭如 『野坂昭如雑文の目 Ⅰ』 (ケイブンシャ文庫)
・山本夏彦 『「戦前」という時代』 (文春文庫)
・『新潮文庫解説目録-’78』
・『新潮文庫解説目録-’79』

『中原中也』は前々から読みたいと思っていた本で、まさか100円で拾えるとは思わなかった。梅崎春生に関しては、昨年新潮文庫から改版新刊で『桜島/日の果て』が出ており、町田康が解説を書いていたので買ったが、文芸文庫なのでもちろん買う。開高の『白いページ』は3分冊のうちの1冊。8月に光文社文庫から『白いページ―開高健エッセイ選集』というのが出たばかり。新潮文庫の解説目録は、「均一小僧」こと岡崎武志さんにあやかってなんとなく買ってみた。30年前のものだから、それなりに価値はあるだろう。

このあと帰りに金沢文圃閣の前を通ると、開いていた!開店日は土曜日ではなかったっけ?もちろん寄る。入り口の100円均一コーナーに緑の岩波文庫が積まれていた。線引きがあるものが多く、あまり食指が動かなかったが、線引きのない次の2冊を購入。

・永井荷風 『雨瀟瀟・雪解 他七編』 (岩波文庫)
・安岡章太郎 『良友・悪友』 (新潮文庫)

荷風の短篇「雨瀟瀟」は、以前、『文士の意地-車谷長吉撰短篇小説輯』に収められていて読んだのだった。この岩波文庫版は現在絶版だろうか?安岡章太郎の文庫は現在収集中である。この『良友・悪友』は初版(昭和48年)で、帯が付いていた。この時代の新潮文庫の帯を見るのは初めてだったが、デザインがシンプルでなかなか佳い。時代を感じさせる、といえばよいだろうか。

今日も満足の行く一日であった。
c0213681_2335787.jpg

[PR]

by anglophile | 2009-10-04 21:09 | 古本 | Comments(0)


<< ロベルト・ボラーニョからトマス...      白洲正子 >>