2009年 10月 03日
白洲正子
土曜日のブックオフ。今日は、105円本がすべて50円の日だった。

・白洲正子 『行雲抄』、『風花抄』 (世界文化社)
・白洲正子 『美しくなるにつれて若くなる』 (ランティエ叢書)
・高島俊男 『お言葉ですが・・・』 (文春文庫)
・丸谷才一編 『探偵たちよ スパイたちよ』 (文春文庫)
・『ちくま文学の森 7 恐ろしい話』 (筑摩書房)

これで300円、悪くない。6冊のうち3冊が白洲正子だったのが不思議な感じ。あとの2冊はアンソロジーである。アンソロジーものは買うようにしている。こつこつ集めるのが楽しみである。集英社文庫の「日本名作シリーズ 日本ペンクラブ編」などは集め甲斐がありますね。
[PR]

by anglophile | 2009-10-03 21:14 | 古本 | Comments(0)


<< 今日も100円均一にて      とある平日のブックオフ >>